Home > 予防・小児歯科・キッズスペース
予防・小児歯科・キッズスペース

フッ素塗布

むし歯予防のために歯ブラシやフロスによる汚れの除去や、糖分のコントロールは非常に重要です。しかし毎日完璧な歯ブラシや糖分を 0 にすることは不可能と思われます。そこで「フッ化物」が大切になってきます。フッ化物を適切に使うと歯の表面が強くなり、むし歯になるのを防ぎます。フッ化物の応用にはいろいろな方法がありますが、組み合わせて長期にわたって使用すると非常に効果があります。

フッ素を塗っただけでは、虫歯予防は万全ではありません。一番大切なのは歯磨きです。フッ素は歯を強くして歯ブラシの届きにくい、虫歯になりやすいところを守る手助けをするのです。


当院では、お子様に毎回の治療の後・定期検診毎に無料で塗布させて頂いています。
 

シーラント

虫歯になる前の奥歯の溝をキレイに清掃し、専用の虫歯予防用歯科用プラスチック(=シーラント)をつめる処置をします。(予防処置なので歯は削りません。)
奥歯の溝は細く・深く、歯ブラシの毛先が届かない場合がほとんどです。この場合、どんなに丁寧に注意深く歯磨きをしても奥歯の溝の奥は磨き残しができてしまい、虫歯ができる可能性が高いのです。 
 


シーラントで虫歯になりやすい奥歯の溝を埋めることにより、奥歯の溝に虫歯菌や食べかすが入り込みません。また、歯のかむ面を磨きやすくなります。これにより、虫歯が予防できます。また、シーラントはフッ素を取り込む作用があり、歯を強くするのを助ける働きがあります。(シーラントは奥歯の溝の虫歯予防です。歯と歯の間や歯茎の境目など、他の場所は予防できません)


噛み合わせの力の向きによって、または成長して噛む力が強くなるとシーラントが欠けることがあります。しかし、歯を削ってないので欠けても歯が悪くなることは無く、欠けた部分を補修していきます。そのため、シーラントをした後も定期的な健診をお勧めいたします。

キッズスペース

キッズスペースも設置しておりますので小さなお子様連れでも安心です。

お子様用のDVDも上映しております。 

お子様をお預かりする事もできますのでお気軽にご相談下さい。 
ありたデンタルクリニック(旧有田歯科医院)
福岡県北九州市小倉北区香春口1-2-19
TEL : 093-922-2888
お問い合わせはこちら
ページのTOPへ戻る